札幌の介護資格取得(初任者研修,実務者研修,ガイドヘルパー,介護福祉士)

2020年01月

初任者研修12日目 排泄介助の巻!

2020.01.27

こんにちわ!講師の真銅です。

今日の初任者研修の実技は「排泄介助」です。

特に「排泄」という行為は、人の尊厳や羞恥心などに大きく関わるものです。

ですので、多くの高齢者は「トイレだけは自分の力で…」と考えているのではないでしょうか。

 

 

そのため、最近では高齢者施設でも「テープ止め紙おむつ(あえて下着と呼びます)」は極力使用しないという方向に向かっています。

ただし、その方の身体状況によっては、ベッド上での「排泄介助」を行う必要もあります。

 

ここでのポイントは、ご利用者様のプライバシーの配慮と手際の良さの両立です。

しかし、実際に行ってみるとご利用者様役(実習生さん)の体格はそれぞれ異なり、下着にシワが寄ったり上手くテープが止まらないことも多々…

 

 

それでも、最初は緊張ぎみだった受講生さんも、回を重ねるたびにどんどん上達し、終了頃には全員マスターしました!

受講生さんの中には、すでに介護現場をご経験されている方もおられ、「声掛けは本当に大事ですね!」と言われ、私たち講師陣も身が引き締まりました。

明日は「入浴介助」いよいよ初任者研修は終盤へと向かいます!


講師の真銅(しんどう)ですのコーナー!

2020.01.26

こんにちわ!講師の真銅です。

本日は第32回介護福祉士国家試験ですね。

受験される皆様、普段の力を出し切れるようお祈り申し上げます!

 

ところで、日曜日のアカデミーも熱いです!

普段お仕事をされている方や学生さんなどは、土日コースはマスト!

また、平日コースからの振替の受講生さんも多くいらっしゃいます。

今日の初任者研修の実技は「食事介助」です。

ご利用者様役の受講生さんがアイマスクをつけて、介護士役の受講生さんが介助するかたちです。

 

これはご利用者様が視覚に障がいがあるという設定で、介護士役はクロックポジション(ご飯やおかずの位置を時計の文字盤にたとえて伝える)の手法を用いて、一つひとつ説明します。

食事は何を食べているのか、わかっている事が重要です。つまり、サンマや肉じゃがなどと認識して食べる方が美味しく感じるそうです。

それにしても受講生さんのお弁当、美味しそう!

 


講師の真銅(しんどう)ですのコーナー!

2020.01.24

こんにちわ!講師の真銅です。

本日の初任者研修の実技は「更衣介助」です。

脳梗塞後の後遺症で左マヒがあるご利用者様を介助する設定で行いました。

原則は、「脱健着患(だっけんちゃっかん、着患脱健ともいう)」です。

つまり、衣服を脱ぐ時は健側(健康なほう)から、着るときは患側(マヒなどがあるほう)からという意味です。

実技では、ボタン付きのパジャマとトレーナー(かぶりの上着)の両方をトライしました。

イラストのようにご自分で着替えができる方は、基本的にご自身で行います。がっ!

やってみると以外と難しい・・・

なので、やっぱり介助が必要です。

受講生さんは、「自立支援」の視点から

「着替えはどこにおきますか?」

「ご自分でボタンを留められますか?」

など、一つひとつ確認し同意を得ながら介助しています。

いよいよ、研修も後半戦にさしかかってきました。

その調子です。頑張って!

 

 

 

 

 

 


講師の真銅(しんどう)ですのコーナー!

2020.01.23

こんばんわ!講師の真銅です。

今日は他の先生の初任者研修の講義に潜入しました(後ろから気が付かれないように・・・)。

丁度、口腔ケアの実技でした。

↓↓↓

口腔ケアは高齢者介護の中でもかなり重要な介助です。

最近では、口は食物が最初に通過する重要な器官との考え方が広まっています。したがいまして、受講生も真剣そのもの。

ただし、受講生同士がお互いに介護士、利用者役となって口を開くのでやっぱり恥ずかしいです。

みなさん、歯は大事にしましょう。

歯無しになった時の話しでした(爆)

 


講師の真銅(しんどう)ですのコーナー!

2020.01.22

こんばんわ、講師の真銅(しんどう)です。

このコーナーがいつまで続くかわかりませんが、第1回目の「講師の真銅ですのコーナー!」が始まりました。途中でコーナー名が変わりましたらすみません(笑)

今日は、アカデミーの重要な立役者をご紹介します。

「たかしさん(70歳)」です!

たかしさんは、アカデミーの非常勤講師で現在は、実務者研修の医療的分野で週に1度ペースでご指導されています。趣味はおしゃべりです。

本人が気にするので「意外と若い」は禁句です。

 

彼の親戚は、名前が無い方が多く、「吸引シュミレーター」とだけ呼ばれています。それでも、全国の介護や看護の学校などで活躍しています。しかも、文句はいいません(笑)。

特に初めての介護の医療的分野の実技では、実際のご利用者様で練習することはできません。当たり前ですが、慣れない受講生が行うとケガをさせてしまう可能性があるからです。そこで、「たかしさん」のような先生が活躍するわけです。

そこで、敬意を込めて名前で呼ばせて頂いています。

当アカデミーでは、専任の講師がいますし、他の資格学校でも様々な専門の先生がいます。しかし、実践の場での本当の先生は「ご利用者様」「患者様」です。 ちょっとまじめ( ^ω^)・・・

 

 


\初任者研修受講料半額 まだ間に合います!/

2020.01.18

こんにちは(^O^)

昨年7月より実施しておりました、『初任者研修受講料半額』も残り枠わずかになってきました!

気にはなっていたけどまだ受講されていない方、
今初めて知った方、

2月生平日コース
3月生平日コース

が最後の対象コースになりますので、ぜひお問合せください☆
※適用には諸条件があります。詳細はお問合せ後、別途お知らせさせていただきます。

ぜひお待ちしています(^^♪

☆日本福祉アカデミーフリーダイヤル☆
0120-184-294(平日9:00~18:00、土日9:00~17:30)


\講義に潜入/

2020.01.17

みなさん、こんにちわ!
恒例の\講義に潜入/です🐭

令和2年【初任者研修1月生平日コース】です。

今日から実技です!
初日は「シーツ交換」です。全てはここから始まります(笑)

シーツをビシッと敷き、四つ角を三角に折るのは意外と難しい…数をこなすしかありません(講師並に上手な受講生さんもいらっしゃいました)。
次はいよいよ身体介助を行います!

『笑顔溢れる感動空間』をお届けする
日本福祉アカデミー初任者研修詳細はこちら

http://www.nihonfukushi-academy.com/syoninsya/


\講義に潜入/

2020.01.14

みなさん、こんにちわ!
恒例の\講義に潜入/です🐭

令和2年【初任者研修1月生平日コース】です。

今日の講義内容は「医療分野」です!

「認知症」、「生活習慣病」、「視覚や聴覚」など高齢者に関わる疾病について学びました。

聞き慣れない専門用語も多かったですが、介護を語る上で基礎疾患の知識は外せません✌️
履修表もだいぶ埋まってきました

『笑顔溢れる感動空間』をお届けする
日本福祉アカデミー初任者研修詳細はこちら

 


受講のお申し込み

資料請求

TEL