札幌の介護資格取得(初任者研修,実務者研修,ガイドヘルパー,介護福祉士)

MENU
当校の紹介 初任者研修 実務者研修
ガイドヘルパー 就職支援
トップページ法人の方へお客様のご紹介 株式会社ろく舎様

株式会社ろく舎様

日本福祉アカデミーさんは
人財育成の心強いパートナーです。

あたり前の暮らしを、すべての人に。

株式会社ろく舎 代表取締役 天野佐智子様

「ろく舎」のろくは「山麓」のろく。山の麓に集まって、みんなで頂上を目指しながら学んでいきましょうという思いから社名にしました。
現在行っているサービスは、空き室に悩むマンションオーナー様のご理解を得て、要介護高齢者の住居を確保して、併設や近隣のデイサービスを利用するスタイル。要するに、一般の方が暮らすマンションで要介護高齢者を受け入れ、必要な介護を24時間体制で提供しています。 
ここにはノーマライゼーションの理念が息づいています。「要介護高齢者」や「障がい者」というだけで、差別されたり普通の生活が送られない世の中は健全とは言えません。たとえ体に不自由があったとしても、なるべく一般の方々と同じような生活を送ってほしい、そんな思いからこの事業はスタートしました。

人を育てることが、サービスの向上に。

現在の施設は住宅19棟に対し、デイサービス4カ所、小規模多機能型介護事業所2カ所、訪問介護4カ所で運営しています。スタッフが250名に対し、利用者は480名。およそスタッフ2人に対し、利用者1人のお世話をさせてもらっている 割合です。
介護業界は人材不足と言われています。一時期弊社でもとにかく人を集めようという動きをしていましたが、やはり長続きはせず、ある時から「人材育成」の方向に大きく舵を取りました。募集する際も「誰でもいいから来て」ではなく 「未経験でも心がいい人」を探すように心がけました。
そのおかげもあってか、年間平均30%とも言われる介護業界の離職率ですが、弊社では16%ほどに抑えることができています。長年勤めてくださっている方も多く、スタッフにはいつも感謝しています。


スタッフのモチベーションをあげるために
会社がすべきこと。

人財育成と言っても、会社側から指示を出すことはほとんどありません。各施設が1つのチームとなり、どうしたら現場がうまく機能するかをスタッフ全員で考えてくれているんです。そこでスキルアップしたい気持ちが生まれ、資格やセミナーを自主的に受けようと思ってくれるんです。会社はそういったスタッフのモチベーションを応援していくために、窓口を作りスキルアップのための資格やセミナーなどを案内しています。その際に活用させていただいているのが日本福祉アカデミーさんです。


心強い人財育成のパートナー。

株式会社ろく舎 代表取締役 天野佐智子様

日本福祉アカデミーの資格講座は親切でわかりやすいだけでなく、専門知識の詰め込みではなく実践的に介護や福祉について教えてくれるのでスタッフにも大変好評です。また向上心のあるスタッフのための特別なプランを組んでくれるので、個人にとっても会社にとってもメリットが大きいのが魅力です。必要な書類作りなどのフォローもしっかりしてくれるので、今ではろく舎のかかせないパートナーになってくれています。


スタッフの声

石渡さん

数年前に日本福祉アカデミーを卒業したのですが、その時にたまたま実習先だったのがろく舎でした。その時の縁で、今の職場で仕事をしています。ろく舎のスタッフは明るくて自主的な人が多く、切磋琢磨しながら利用者さんのサポートをしている印象です。職員同士の信頼関係が強いからこそ、よりよい介護ができているのだと実感しています。

大野さん

私は入社したばかりですが、日本福祉アカデミーの初任者研修講座を受けさせてもらいました。
研修では「体だけでなく、心の介護が大切」という言葉が印象に残っています。実例を交えての研修なので、感覚的に内容が頭に入り、現場の仕事にすぐ応用することができました。一緒に受けていた受講生とも仲良くなれて、今でも情報交換をしています。


株式会社ろく舎

撮影ご協力施設:アルカディア33

ノーマライゼーション型サービスを実践する、
高齢者向け賃貸住宅のパイオニア。

高齢者向け賃貸住宅をはじめ、デイサービス、小規模多機能型介護事業所など介護事業を幅広く展開。一般賃貸住宅の空き部屋を高齢者向け賃貸住宅として提供するスキームは全国的にも注目を集めています。

● 所在地:札幌市中央区南1条西10丁目4番地タイムビル4F
● 電 話:011-272-1158
http://www.rokusya.com


*記事の内容は取材当時のものです。



このページのトップへ