札幌の介護資格取得(初任者研修,実務者研修,ガイドヘルパー,介護福祉士)

MENU
当校の紹介 初任者研修 実務者研修
ガイドヘルパー 就職支援
トップページ法人の方へ

法人の方へ

地域密着型の学校だからこそできる
人材確保と人材育成のサポート

ごあいさつ

多くの事業所様が抱えている問題<人材の確保>と<人材育成>。当校は、これらの問題解決のお手伝いをさせていただきたいと思っております。
平成18年より開校し、累計で13,000名を超える修了生を輩出してまいりました。現在では、毎月平均約100名の修了生を輩出しております。修了生の約80%が介護業界での就業を希望され、就職支援をおこなっております。
「介護職員初任者研修」「介護福祉士実務者研修」「同行援護従業者養成研修」「全身性障害者移動介護従業者養成研修」4つの資格取得講座を常時開講しております。さらに従業員様向けには、ご要望に応じたオーダーメイドの研修もご提供できます。そしてこれら人材育成研修をおこなうにあたって、国の支援制度である助成金を活用したご提案を行い、事業所様の費用負担を軽減するお手伝いもおこなっております。
まずはお気軽にご相談ください。

データから見る人材育成

介護サービス事業を運営する上での問題点

やはり人材確保、教育制度について悩まれています。

介護関連施設の悩みとしてやはり人材に関することが多いのは以前から言われてることです。
良質な人材の確保、教育・研修の時間が十分にとれない、介護従事者の介護業務に関する知識や技術が不足している。これらがデータから見て取れます。

働く上での悩み、不安、不満の解消「役立つと思う」 取組み

介護職員の方は介護能力向上の機会を求めています。

介護職員の方の働くうえでの悩みなどを解消する取り組みとして一番にあげているのは「介護能力の向上にむけた研修」となっています。その他にも「キャリアアップの仕組みの整備」もあります。
介護事業所としてはこのような機会を積極的に提供することで職員の方の不安を解消できる要因になります。

早期離職防止や定着促進のための取り組み

社内研修や社外講習を積極的に。

介護職員の早期離職や人材確保は施設運営にとって非常に大きな悩みと言えます。上記の表は全国の介護施設がとっている施策ですがコミュケーションはもちろんですが、能力開発にも力を入れてる施設が半数近くにも及びます。
これは社内の研修や社外講習に行きやすい制度や環境をつくることで早期離職、定着促進にも繋がっていると言えるのではないでしょうか。

現在の仕事の満足できる内容

キャリアアップ・スキルアップのできる職場づくりが重要です。

介護職員の意識調査で現在の仕事の満足できる内容です。「やりがい」が一番多いのは非常に嬉しいことですがその他に「キャリアアップの機会」「教育訓練・能力開発」を足すと約40%にも及びます。
介護職員にとってやりがいはもちろんですが、キャリアアップ、スキルアップの機会が提供できる職場づくりが必要になってきています。

お客様のご紹介

当校では介護事業所の社外研修などを数多く行っております。介護資格専門の養成校だからできるお手伝いをさせていただいております。
札幌市内及び近郊で500社以上の取引事業所があります。地域密着で約10年。たくさんの修了生を輩出してきました。ここでは一部のお客様のご紹介を行っていきます。

株式会社ろく舎様

日本福祉アカデミーさんは
人財育成の心強いパートナーです。

日本福祉アカデミーの資格講座は親切でわかりやすいだけでなく、専門知識の詰め込みではなく実践的に介護や福祉について教えてくれるのでスタッフにも大変好評です。今ではろく舎のかかせないパートナーになってくれています。

詳しく見る

よくある質問

スタッフに資格を取らせたいけど、シフトの調整が難しい。

まずはご相談ください。複数のコースを組み合わせて、通いやすい日程をご提案させていただきます。

助成金をどう申請したらよいかわからない。

法人様のニーズにあった助成金をご提案し、わかりやすくお手伝いさせていただきます。

受講料のお支払いはいつですか?

受講開始後にご請求書を送付致します。



このページのトップへ